馬プラセンタと豚プラセンタは効果や特徴に違いがあるのでしょうか?

市場で出回っているプラセンタ配合の製品にはさまざまな原材料から抽出されたプラセンタが使用されています。その中には植物性プラセンタのように本当の意味でのプラセンタとは言えないものもありますが、現在主流となっているのば豚由来馬由来のプラセンタです。

 

そのためプラセンタ配合製品を選ぶ際には馬プラセンタと豚プラセンタの違いをよく把握したうえでどちらがよいのかを判断することが大事です。

豚プラセンタは安価で試しやすく、馬プラセンタはやや高価だが豚プラセンタにはないアミノ酸が含まれている

豚プラセンタと馬プラセンタ

この2つのプラセンタの最大の違いはじつは価格です。安価で購入できる豚プラセンタに対して馬プラセンタは高価なものが多く、価格の段階で大きな差がついています。これは原材料の調達と製造コストが深く関わっており、繁殖させやすく大量生産が可能な豚プラセンタに対して馬プラセンタはどうしてもコストが限られてしまうため、価格が高めになってしまいます。ですから価格面で選ぶ場合には豚プラセンタの方が適しているといえます。

 

成分の内容に関する違いではアミノ酸の配合量と種類が重要なポイントとなります。プラセンタはアミノ酸が豊富に含まれている点が大きなメリットとなっていますが、その配合量は豚プラセンタよりも馬プラセンタの方が多いのです。かつては馬プラセンタの方が300倍も多いといわれていましたが、現在ではより適切なデータ分析が行われた結果実際の差は1.2〜1.5倍程度に修正されています。

 

以前に比べると配合量の差はそれほど大きくはなくなったわけですが、一方では含まれているアミノ酸の種類の違いが重視されるようになっています。馬プラセンタには6種類の必須アミノ酸が含まれているのですが、そのうちトリプトファンメチオニンといった種類は豚プラセンタには含まれておらず、それが効果にも影響を及ぼすといわれています。アミノ酸を重視してプラセンタを摂取したい場合には馬プラセンタの方がよい、となります。

 

もうひとつの違いでは安全性がよく挙げられます。こちらも以前は豚プラセンタは安全性、とくに寄生虫が入り込んだり、アレルギーのリスクがあるなどの不安点が指摘されていましたが、現在ではよい素材の豚だけを選び製造技術も向上しているので以前ほど馬プラセンタとの違いは見られません。ただアレルギーのリスクに関しては現在でも馬プラセンタの方が優れているといわれています。

 

このように、ひと昔前に比べると両社の間に大きな差が見られなくなっているもの、成分の内容や効果、安全性にいくつかの違いが見られます。こうした点を踏まえた上で自分にとって適した方を選んでみましょう。

更年期で使いたいプラセンタ口コミ人気ランキング

更年期で使いたいプラセンタ口コミ人気ランキング

FUWARI(フワリ)

更年期プラセンタ人気

プラセンタもコラーゲンも高配合!40代からのハリ不足に使いたい食べる美容液
7,020円・税込/定期初回980円(2回目以降3,480円)・税込 90日間返金保証
>>公式HPで詳しく見てみる!
ブルーミンプラセンタ300

更年期プラセンタ人気

サラブレッド由来純度100%!5つの美容成分も配合でイキイキしっとり肌に
12,000円・税別/定期初回3,960円(2回目以降7,800円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
ヴィーナスプラセンタEX

更年期プラセンタヴィーナスプラセンタEX

楽天プラセンタ1位!40倍濃縮プラセンタエキスが更年期の美容と健康をサポート
9800円・税別/定期初回1,000円・税別(2回目以降5,684円・税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!