更年期になるとどのような症状がでるのでしょうか?

更年期にはさまざまな症状が見られますが、段階によってもあらわれる症状は異なってきます。ですから初期段階に見られる症状を知っておけば早い段階で発症を疑い、適切な対策を行っていくことが可能です。

 

とはいえ、初期段階での症状は単なる体調不良や疲労の蓄積などと間違えやすいので見極めが難しい面もあります。

とくに原因がないのに倦怠感や息切れといった症状がでたら更年期障害を疑うことが大切

更年期の症状

もっとも初期に見られる症状の代表格は頭痛肩こり腰痛下腹部の痛みなどです。デスクワークをしている方などは慢性的にこれらの症状を抱えている方も多く、どうしても更年期障害と結びつけるケースが少ないのが実情です。また下腹部の痛みは生理不順と併せて生じることが多いのですが、やはり体調不良や体の衰えなどと結びつけて考えてしまいがちです。

 

この段階から更年期が進行していくと疲れやすい倦怠感集中力の低下手足の日枝息切れ動悸といった症状が見られるようになっていきます。とくに原因があるわけではないのにやる気が出ない、あるいはこれまで平気だった階段の上り下りの際に息切れするようになってしまう、といった場合には更年期障害を疑った方がよいでしょう。

更年期障害が進行すると自律神経が乱れ精神疾患や骨粗しょう症などを引き起こす可能性が高いので注意が必要

さらに進行するとかなり具体的な症状が見られるようになっていきます。倦怠感や集中力の低下が精神の問題にまで発展し、無力感絶望感、将来に対する漠然とした不安感などを引き起こすほか、最悪の場合はうつ病やパニック障害といった精神疾患へと発展してしまう場合もあります。一方正反対に感情のコントロールがうまくできなくなり、ちょっとしたことにイライラしたり、衝動的に怒る、怒鳴り声を上げるといった精神の高ぶりが見られることもあります。この辺りは自律神経の乱れとも深く関わってきます。

 

そんな自律神経の乱れは体の症状となってあらわれることもあり、ほてりのぼせ発汗ホットフラッシュといった症状をもたらします。自律神経が乱れると交感神経による血管の収縮と副交感神経による血管の拡張が不規則な形で起こるようになり、それが極端な形で起こるようになると急に血流が活性化してこれらの症状が見られるようになります。厄介なのはいつ起こるかわからず、外出先や人と会っている時に急に起こるケースも見られることです。そのため一度こうした症状に見舞われると外出や人と合うのが怖くなってしまい、ひきこもりがちな生活を送ってしまいがちになるなどの問題も起こります。

 

ほかにはエストロゲンの減少によって骨の密度が減少し骨粗しょう症のリスクを高める点なども挙げられます。

 

このように、更年期の症状は段階的に発展・多様化していきます。それだけにできるだけ早い段階で適切に対処し、症状が悪化して増えないよう努めることが大事なのです。

更年期で使いたいプラセンタ口コミ人気ランキング

更年期で使いたいプラセンタ口コミ人気ランキング

FUWARI(フワリ)

更年期プラセンタ人気

プラセンタもコラーゲンも高配合!40代からのハリ不足に使いたい食べる美容液
7,020円・税込/定期初回980円(2回目以降3,480円)・税込 90日間返金保証
>>公式HPで詳しく見てみる!
ブルーミンプラセンタ300

更年期プラセンタ人気

サラブレッド由来純度100%!5つの美容成分も配合でイキイキしっとり肌に
12,000円・税別/定期初回3,960円(2回目以降7,800円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
ヴィーナスプラセンタEX

更年期プラセンタヴィーナスプラセンタEX

楽天プラセンタ1位!40倍濃縮プラセンタエキスが更年期の美容と健康をサポート
9800円・税別/定期初回1,000円・税別(2回目以降5,684円・税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!