更年期にならないための予防はあるのでしょうか?

更年期とは閉経にともなう前後10年間のことです。日本人の平均的な閉経年齢は50歳前後といわれていますから、45〜55歳くらいが平均的な更年期の時期ということになります。

更年期障害を防ぐためにはエストロゲンの減少を抑えたうえで減少を補うことが鍵

更年期の予防

女性ならこの年齢に達すると誰でも閉経が訪れるため、更年期を逃れることはできません。病気とは異なり体のメカニズムの影響で起こるため、更年期にならないわけにはいかないのです。これは女性の宿命といえるわけですが、一方で更年期に伴う症状にはかなりの個人差が見られるのも事実です。ある人はさまざまな症状に悩まされて辛い思いをしているのに対し別の人はほとんど症状が見られずとくに日常生活に不便を感じることなく暮らしている、といったケースも少なくありません。これは体質的な面が大きな要因となっているだけでなく、日ごろの予防で症状を和らげることができることを意味しています。

 

ですから更年期にならないことは無理ですが、更年期の症状を抑えるための予防・対策は十分に可能です。そんな更年期の予防のポイントは2つ。まずエストロゲンの減少に対して適切な対策を行うことです。更年期に見られる症状の最大の原因は閉経にともなって卵巣機能が低下し、エストロゲンの分泌量が減少することです。ですから減少をうまく抑えたうえで減少を補うことができれば心身に及ぶ影響を最小限に抑えることも可能なのです。

 

もっとも効果的な方法はエストロゲンを直接補う方法です。医療機関で行われる更年期障害の代表的な治療法となっているホルモン補充療法はまさにこの方法で行われており、減少したエストロゲンを外から補うことで症状を和らげることができます。また、エストロゲンと似た働きを持つ成分を食事やサプリメントで補うことで予防することも可能で、大豆イソフラボンやザクロエキスなどを配合した更年期対策用のサプリメントが人気を得ています。

 

さらにマカローヤルゼリーなどホルモンバランスを調節する効果を持つエキスをサプリメントで摂取する方法なども有効です。

 

もうひとつのポイントは老化を防ぐことです。更年期の45〜55歳は体の老化が一気に進む時期でもあります。卵巣の衰えが急激に進めば進むほどエストロゲンの減少も急激になり、更年期の症状が強く現れるようになります。それを防ぐためには適度な運動ストレス解消による対策のほか、ビタミンCビタミンEといった老化を防ぐ抗酸化成分を取り入れるといった対策が有効です。更年期を機に生活習慣全般を改めることで予防だけでなく、心身ともに健康な環境を築いていくこともできるでしょう。

 

こうした2つのポイントを踏まえたうえで日々の生活の中でうまく更年期の予防を行ってみてはいかがでしょうか。

更年期で使いたいプラセンタ口コミ人気ランキング

更年期で使いたいプラセンタ口コミ人気ランキング

FUWARI(フワリ)

更年期プラセンタ人気

プラセンタもコラーゲンも高配合!40代からのハリ不足に使いたい食べる美容液
7,020円・税込/定期初回980円(2回目以降3,480円)・税込 90日間返金保証
>>公式HPで詳しく見てみる!
ブルーミンプラセンタ300

更年期プラセンタ人気

サラブレッド由来純度100%!5つの美容成分も配合でイキイキしっとり肌に
12,000円・税別/定期初回3,960円(2回目以降7,800円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
ヴィーナスプラセンタEX

更年期プラセンタヴィーナスプラセンタEX

楽天プラセンタ1位!40倍濃縮プラセンタエキスが更年期の美容と健康をサポート
9800円・税別/定期初回1,000円・税別(2回目以降5,684円・税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!