更年期はいつ頃から発症するのでしょうか?また若者も更年期になる可能性はあるのでしょうか?

年期は閉経と深く関わっています。女性の一生は生理周期にコントロールされているといっても過言ではありませんが、その生理周期が終わりに近づく閉経が訪れることで卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が変化していくのです。
ですから更年期が発症する年齢は閉経年齢と密接に関係しています。

平均的に更年期障害は45歳前後に発症するが個人差によって症状が見られない場合もある

更年期の年齢

日本人の平均的な閉経年齢は50歳前後といわれており、その前後10年を更年期としているのです。この平均値からすると更年期の発症は45歳前後、早い場合には40代前半頃に発症することになります。

 

ただ、更年期症状にはかなり個人差が見られ、恵まれた人はほとんど症状が見られないまま生活を送ることができるケースも見られます。ですから症状がまったく見られず、更年期が訪れていることを気づかないで過ごしている場合もあります。ですから45歳に達したからといって誰もが更年期のさまざまな症状が発症するとは限りません。この辺りが更年期の理解や予防を難しくしている要因ともなっています。

ホルモンバランスの乱れにより早い段階で症状がみられそのまま更年期が始まってしまう場合もある

一方、平均的な年齢よりも早く発症するケースも見られます。更年期の年齢との関係は現代社会においてより複雑さを増しているともいえるのです。これは先述した症状が見られないため年齢を重ねても発症しないケースとはちょうど逆のパターンで、症状が重くなりやすいくかなり早い段階で自覚症状が見られる形となります。現在ではこれを「プレ更年期」と呼んでいます。

 

ただしこのプレ更年期は本当の意味での更年期ではありません。閉経による卵巣機能の低下によってホルモンバランスが乱れるという本来の更年期のメカニズムではなく、ストレスや栄養不足、疲労の蓄積など生活習慣が原因でホルモンバランスに乱れが生じたことが大きな原因となっているのです。厄介なのはこうした原因でホルモンバランスが乱れたまま本当の更年期がはじまり、しかも卵巣の老化を進めてしまうことで症状を加速化させてしまう恐れがあることです。

 

この生活習慣が原因で見られる更年期の症状がさらに若い段階で見られるようになると若年性更年期障害と呼ばれます。こちらはストレスや疲労に加えて無理なダイエットによる栄養不足、連日の夜更かしなど心身に負荷をかけるような環境が大きな原因となっているケースが多くなるのが特徴です。

 

このように、現代社会では更年期の発症年齢が低くなっている傾向が見られます。更年期と年齢の関係を把握したうえで生活習慣が原因で起こる更年期の症状をできるだけ早い段階で改善していくことが求められます。

更年期で使いたいプラセンタ口コミ人気ランキング

更年期で使いたいプラセンタ口コミ人気ランキング

FUWARI(フワリ)

更年期プラセンタ人気

プラセンタもコラーゲンも高配合!40代からのハリ不足に使いたい食べる美容液
7,020円・税込/定期初回980円(2回目以降3,480円)・税込 90日間返金保証
>>公式HPで詳しく見てみる!
ブルーミンプラセンタ300

更年期プラセンタ人気

サラブレッド由来純度100%!5つの美容成分も配合でイキイキしっとり肌に
12,000円・税別/定期初回3,960円(2回目以降7,800円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
ヴィーナスプラセンタEX

更年期プラセンタヴィーナスプラセンタEX

楽天プラセンタ1位!40倍濃縮プラセンタエキスが更年期の美容と健康をサポート
9800円・税別/定期初回1,000円・税別(2回目以降5,684円・税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!