更年期が発症した場合生活習慣で気をつけるべきことはあるのでしょうか?

更年期になってしまった場合にはまず生活習慣全般の改善を目指しましょう。医療機関によるホルモン補充療法やサプリメントなどの対策ももちろん重要ですが、心身に及ぶ更年期の症状をできるだけ防ぎ、和らげるためにも生活習慣の段階で健康的な環境づくりへの心がけが求められるのです。

食生活のポイントは2つ「必要な栄養を確保するための食事」「脂肪の蓄積と生活習慣病を防ぐための栄養バランス」

更年期と生活習慣

まず第一に見直したいのが食生活です。理由は2つあります。まず体に負担をかけず、必要な栄養をしっかり確保するための充実した食生活が求められること。体の代謝に欠かせないビタミンB群、老化を防ぐビタミンCE、さらに亜鉛鉄分といったミネラルを食生活の中ででうまく補っていける環境づくりを心がけましょう。

 

また、エストロゲンと似た働きをすることで更年期の緩和に役立つとされる大豆イソフラボンも豆乳、豆腐、納豆などの大豆製品で摂取することができます。大豆イソフラボンの一日の摂取量はそれほど多くないので食事で補うことも十分可能です。

 

もうひとつの理由は脂肪の蓄積と生活習慣病を防ぐためです。エストロゲンは内臓脂肪の蓄積を防ぐ働きを持っているため、更年期になって減少すると脂肪がつきやすくなります。これまでと同じ食事の量だとどんどん内臓脂肪が蓄積して糖尿病や高血圧のリスクが上昇してしまいます。さらに血流が滞ることで動脈硬化のリスクも出てきます。無理なダイエットは禁物ですが、もともと体脂肪が多めの方は栄養バランスに注意しながら食生活の改善を目指してみましょう。

適度な運動は更年期の予防だけではなくストレス発散や精神疾患の予防にもなる

それから運動。更年期に悩まされる50歳前後の女性の多くは運動不足に陥っており、それが更年期の症状を進行させる大きな要因となっています。先述したエストロゲンの減少による生活習慣病のリスクを軽減するためにも適度な運動を取り入れましょう。また運動はストレス解消気分転換の手段としても効果的で、更年期の重大な症状に数えられるうつ病、パニック障害といった精神疾患の予防にも役立ちます。過度な運動や負担の大きなトレーニングは必要ありませんから、ウォーキングをはじめ楽しめる範囲内の運動を1週間に3日程度の頻度で取り入れてみましょう。

 

あとは睡眠環境。規則正しく、質の高い睡眠がとれているかどうか。疲労やストレスの解消だけでなく、更年期になると低下する新陳代謝を維持する上でも充実した睡眠環境が求められます。

 

こうした日々の生活でできる対策は心身の健康を土台から支えるものです。不摂生・不規則な生活を送っている方はまずこの点の改善から目指していきましょう。

更年期で使いたいプラセンタ口コミ人気ランキング

更年期で使いたいプラセンタ口コミ人気ランキング

FUWARI(フワリ)

更年期プラセンタ人気

プラセンタもコラーゲンも高配合!40代からのハリ不足に使いたい食べる美容液
7,020円・税込/定期初回980円(2回目以降3,480円)・税込 90日間返金保証
>>公式HPで詳しく見てみる!
ブルーミンプラセンタ300

更年期プラセンタ人気

サラブレッド由来純度100%!5つの美容成分も配合でイキイキしっとり肌に
12,000円・税別/定期初回3,960円(2回目以降7,800円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
ヴィーナスプラセンタEX

更年期プラセンタヴィーナスプラセンタEX

楽天プラセンタ1位!40倍濃縮プラセンタエキスが更年期の美容と健康をサポート
9800円・税別/定期初回1,000円・税別(2回目以降5,684円・税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!