更年期とうつ病の症状に違いはあるのでしょうか?

更年期に起こりやすい厄介な症状に精神面の不調があります。とくに無力感や絶望感、極端な落ち込みといったうつ症状が見られることが多く、それが悪化すると更年期うつと呼ばれるうつ病と同じ状態に陥ってしまうケースもあります。

うつ病は精神面の悪化によるもので、更年期はエストロゲンの減少やホルモンバランスの乱れからくる精神症状の現れ

更年期とうつ病

では更年期とうつ病とではどんな点に違いがあるのか、症状に関してはほとんど違いはありません。先述したような精神面の不調に襲われるほか、それが原因による睡眠障害や体調不良、暴飲暴食による生活習慣病といったトラブルなどに見舞われやすくなります。ただ違うのはこうした状態に陥るまでのメカニズムです。

 

うつ症状の直接の原因は「セロトニン」と呼ばれる物質の働きが低下することにあるといわれています。この物質には自律神経を整え、落ち込みや極端な不安状態を予防・緩和する効果があるのです。更年期、うつ病ともにこのセロトニンの分泌量や働きが低下することによって精神面の不調が見られるようになるのです。

 

うつ病の場合、精神的なショックやストレスがセロトニンを欠乏状態に陥らせることで精神面の悪化がもたらされると言われているのに対し、更年期の場合はおもにセロトニンの分泌を促すエストロゲンの減少やホルモンバランスの乱れによる自律神経の乱れが原因で精神症状が現れます。ですからうつ病はおもに精神面のコントロールによって予防・対策を行っていく必要があるのに対し、更年期の場合はエストロゲンの減少という体のメカニズムに対してアプローチを行っていくことが求められます。

 

こうした違いから、更年期の場合はホルモン補充療法や大豆イソフラボン、ザクロエキスといった卵巣機能の低下がもたらすエストロゲンの不足を補う方法でうつ症状を改善することができます。また更年期が過ぎれば症状が緩和していきます。これらを見てもうつ病に比べて対処しやすいといえるでしょう。ただ注意したいのは更年期によって生じたうつ症状をそのまま放置しておくと冒頭で触れたように症状の悪化によって本物のうつ病になってしまう恐れがあることです。いずれにしろ更年期に精神面の不調が見られた場合には早い段階で適切な対策を行っていくことが必要でしょう。

更年期で使いたいプラセンタ口コミ人気ランキング

更年期で使いたいプラセンタ口コミ人気ランキング

FUWARI(フワリ)

更年期プラセンタ人気

プラセンタもコラーゲンも高配合!40代からのハリ不足に使いたい食べる美容液
7,020円・税込/定期初回980円(2回目以降3,480円)・税込 90日間返金保証
>>公式HPで詳しく見てみる!
ブルーミンプラセンタ300

更年期プラセンタ人気

サラブレッド由来純度100%!5つの美容成分も配合でイキイキしっとり肌に
12,000円・税別/定期初回3,960円(2回目以降7,800円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
ヴィーナスプラセンタEX

更年期プラセンタヴィーナスプラセンタEX

楽天プラセンタ1位!40倍濃縮プラセンタエキスが更年期の美容と健康をサポート
9800円・税別/定期初回1,000円・税別(2回目以降5,684円・税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!