更年期になってから頭痛が…原因や対策は?

更年期に起こる頭痛の原因は基本的には肩こり、腰痛と共通しており、血行不良や筋肉の硬直が原因です。とくにエストロゲンの減少がもたらす血行不良と自律神経の乱れが非常に深く関わってくるだけに、精神状態も見据えながら適切な対策を行っていく必要があります。

更年期は自律神経の乱れで血流が不安定になりやすい

更年期プラセンタ口コミ頭痛

更年期といえば卵巣機能の低下によってエストロゲンが減少していくことによってさまざまな症状が起こる時期のことです。

 

これには脳の視床下部も深く関わっており、もともとホルモン分泌を指令している視床下部の指示どおりに卵巣がエストロゲンを分泌できなくなることからさまざまなトラブルが起こるようになっていきます。

 

 

視床下部は体の状況に合わせて必要なホルモン分泌を指示しているにも関わらず卵巣機能がそれに応えられずに十分に分泌ができない、このギャップから視床下部が混乱してしまうことでいろいろな問題が起こるのです。

 

たとえば視床下部は自律神経をコントロールしているため、混乱すると交感神経と副交感神経のバランスにも乱れが生じます。とくに交感神経が優位な状態が続いていると緊張状態が続いてしまい睡眠不足など十分な休息がとれない環境になってしまいます。

 

そのうえにパソコンやスマホなどで同じ姿勢をずっと続けていると首から上の筋肉が硬直してしまい、緊張性頭痛と呼ばれる頭痛を引き起こしやすくなります。また、目を酷使することによる眼精疲労もこのタイプの頭痛の大きな要因です。

更年期の頭痛対策では同じ姿勢や目の酷使に気を付ける

更年期プラセンタ口コミ頭痛

さらに交感神経が優位になると血管が収縮されて血行不良に陥るため肩や首がこりやすくなります。しかもその状態から急に副交感神経が優位な状態になると血管が拡張されて血行がよくなります。

 

そのため頭に急激にたくさんの血液が送り込まれるようになってホットフラッシュ、めまい、ほてりといったトラブルが起こるのですが、同時に過度に拡張された血管が周囲の神経を圧迫・刺激することで痛みが走ることもあります。ズキズキと傷む偏頭痛などもこの血行の問題で更年期によく見られます。

 

ですから対策としてはエストロゲンの不足を補うという基本的な更年期対策を前提にしたうえで同じ姿勢を長時間続けない、目を酷使しないといった心がけが求められます。パソコン、スマホをやる場合には最低でも1時間に1回は休憩を挟んで目を休め、首をほぐすようにしましょう。モニター画面を見ると瞬きの回数が大幅に減ってしまうため意識して瞬きの機会を作るのも重要です。

 

あとは自律神経を整えるため、プラセンタエキスや高麗人参といった成分を摂取する、一日の中で心身をリラックスさせて落ち着かせる機会を作るといった工夫も取り入れていきましょう。

更年期で使いたいプラセンタ口コミ人気ランキング

更年期で使いたいプラセンタ口コミ人気ランキング

FUWARI(フワリ)

更年期プラセンタ人気

プラセンタもコラーゲンも高配合!40代からのハリ不足に使いたい食べる美容液
7,020円・税込/定期初回980円(2回目以降3,480円)・税込 90日間返金保証
>>公式HPで詳しく見てみる!
ブルーミンプラセンタ300

更年期プラセンタ人気

サラブレッド由来純度100%!5つの美容成分も配合でイキイキしっとり肌に
12,000円・税別/定期初回3,960円(2回目以降7,800円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
ヴィーナスプラセンタEX

更年期プラセンタヴィーナスプラセンタEX

楽天プラセンタ1位!40倍濃縮プラセンタエキスが更年期の美容と健康をサポート
9800円・税別/定期初回1,000円・税別(2回目以降5,684円・税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!