更年期とプレ更年期の違いって?

更年期とは閉経にともない卵巣機能が低下していく期間のことです。卵巣機能が低下することでエストロゲンの分泌量が減少し、それがホルモンバランスの乱れをはじめ心身にさまざまな影響を及ぼすと更年期障害の症状が見られるようになるわけです。

プレ更年期は更年期と似た症状が現れるが発症する時期が異なる

更年期プラセンタ口コミ頭痛プレ更年期

それに対してプレ更年期はその名称の通り更年期の前に起こるもので、心身に似たような症状が見られることが多く、区別が難しい面もあります。

 

この更年期とプレ更年期を紛らわしいものにしている理由には更年期の時期には個人差があることが挙げられます。更年期は閉経の前後10年間、45歳〜55歳と一般的には言われていますが、それはあくまで平均的な目安、実際にいつからはじまるのか個人差がかなりあります。

 

早い場合には30代後半〜40代前半の段階ではじまることも多く、同じ時期に起こりやすいとされているプレ更年期との区別がつきにくいのです。

 

このように見極めが難しい部分がある更年期とプレ更年期ですが、症状がはじまるきっかけの部分で決定的な違いが見られます。更年期の場合は先ほども触れたように閉経に伴う卵巣機能の低下が直接の原因です。つまり体のメカニズム上避けられないものなのに対してプレ更年期の場合は生活習慣が深く関わってきます。

 

プレ更年期が起こりやすい37〜38歳くらいの年齢はちょうど体の衰えが急速に進行していく時期でもあります。卵巣機能も衰えていくことでエストロゲンが減少し、更年期と似た症状が見られるようになります。

プレ更年期対策には生活習慣の見直しが大切

更年期プラセンタ口コミ頭痛プレ更年期

その意味では「プレ」という言葉に相応しく更年期の前段階、準備期間といった面もあるわけですが、一方でホルモンバランスの乱れを引き起こすような生活習慣が原因で症状が表面に現れたり、悪化することも多いのです。

 

この年齢はまだまだ若いと無理をしてしまいがちです。若い頃のように夜更かしなど不規則な生活を送っていたり、偏った栄養バランスの食生活を送ったりしていることも少なくありません。

 

また仕事や家庭生活の中で将来に対して不安を感じることも多いため、心身にストレスが蓄積することでホルモンバランスに乱れが生じやすいのです。そこに老化による卵巣機能の低下が組み合わさることでプレ更年期の症状が現れるというわけです。

 

ですからプレ更年期の段階で原因となる生活習慣を改めておかないとそのまま更年期に突入し、しかも更年期の症状が悪化してしまう恐れがあります。準備段階の「プレ」だからこそ、心身ともに健康な状態で更年期を迎えられるような対策が求められます。

 

プレ更年期かな?と思った場合にはまず生活環境と自分の健康状態を見直してみましょう

更年期で使いたいプラセンタ口コミ人気ランキング

 

更年期で使いたいプラセンタ口コミ人気ランキング

FUWARI(フワリ)

更年期プラセンタ人気

プラセンタもコラーゲンも高配合!40代からのハリ不足に使いたい食べる美容液
7,020円・税込/定期初回980円(2回目以降3,480円)・税込 90日間返金保証
>>公式HPで詳しく見てみる!
ブルーミンプラセンタ300

更年期プラセンタ人気

サラブレッド由来純度100%!5つの美容成分も配合でイキイキしっとり肌に
12,000円・税別/定期初回3,960円(2回目以降7,800円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!
ヴィーナスプラセンタEX

更年期プラセンタヴィーナスプラセンタEX

楽天プラセンタ1位!40倍濃縮プラセンタエキスが更年期の美容と健康をサポート
9800円・税別/定期初回1,000円・税別(2回目以降5,684円・税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!